月1度!たまにしか会えない不倫は本当に恋愛として進展しているの?

不倫や略奪愛の悩みを電話占いで即解決

月1度!たまにしか会えない不倫は本当に恋愛として進展しているの?

月1度というようなたまにしか会えない不倫関係は、本当に恋愛として進展していってるのか不安ですよね?

どちらかが既婚者だったり、W不倫の場合はお互いの時間の都合がつきにくく会う回数が少ないのは仕方がない事。

それでも二人の絆は年を追うごとに深まっていけば良いのですが・・・

では、恋愛として進展していくパターンとしていかないパターンをご紹介したいと思います。

 

月1度しか会えない不倫で恋愛として進展する場合

ふとしたキッカケで巡り合った二人。

しかし出会う時期がズレた事で縁は深くても現実的には直ぐに結婚が出来ない場合は少なくありません。

それでも最初の頃はお互いがかなり無理をして週に1度や二週間に1度と会っていても、お付き合いの期間がそれなりに長くなると週に1度が月に1度に変わってしまう・・・

こうなると愛情が薄れてしまったのでは?と不安になるのは当然ですが、大切な事は二人の思いが昔とは変わっていないか?という事です。

家庭があっても気持ちがしっかりと二人の未来を見つめている場合は、会う回数が減ったとしても何も心配はいりません。

子どもが小さい事や家庭の事情や都合により、今直ぐ答えを出せないだけで、答えが出るタイミングがくれば二人は共に歩める人生をすごし始めるのですから!!

会う回数だけにこだわる必要はなく、会った時に話す会話やお互いの思いがしっかりとしていれば明るい未来に繋がっていくと言えるのです。

それでも悩んでしまうのは・・・

やはり家に帰れば家庭があって、そこに奥さんや旦那さん、そして子供がいるという現実が見えるからなのですが、気にせずあなと相手との絆を深めていけば何も不安を感じる事はないのです。

しかし当然恋愛として進展しない場合もあります。

 

時々しか会ってくれない浮気で恋が終わっていくパターン

多いのが、相手からの猛烈なアピールで浮気が始まったのに、気づけば私一人が頑張っているのでは?と感じるようなお付き合いは、将来的に継続するのが難しいと言えるのかもしれません。

既婚者だと分かっているから好きにならないようにしていたのに、あまりにも情熱的に誘われて仕方なく付き合った・・・

この場合、相手が冷めてしまうと恋が終わる傾向が強く、月に1度すら会ってもらえない、LINEやメールを送っても既読スルーや未読が続いてしまう。

一瞬で恋に落ちてしまう恋愛の場合、熱が冷めない間にゴールまで駆け抜けなければ熱が冷めてしまうと終わりを迎えてしまいます。

本当なら諦めた方が楽になれるのですが、どうしても諦められない場合はあなたの方も適度に付き合うという気持ちに切り替えた方が良いと言えるのです。

また、長期戦に持ち込む事を考えているなら、長い目でお付き合いを続けていくと結果的に手に入れる事が出来る可能性も秘めているので、あなたの気持ちがある程度安定しているなら長い目で見る方法もありだと言えるのです。

 

既婚者の恋愛はお互いの領域を壊さない(略奪愛)事が大切

既婚者との恋愛は例え本気であったとしてもお互いの領域を壊してしまう事は避けなければなりません。

そのギリギリのラインをいかに理解し二人で歩んでいけるか?が勝負とも言えるのですから、最低限の決まりだけは守る事。

その一線を越えなければ恋人同士という関係は長ければ永遠に続く可能性があるのですから、いつまでも側にいたいと思っているなら二人の中にあるルールだけは守るように気を付けておきましょう。

筆者の知り合いで今だに不倫関係が続いている二人がいるのですが、この二人、お互い妻や夫そして子供もいるのですが実はもうかれこれ15年ほど続いています。

二人で決めた約束事は

「子どもが20歳になったら結婚しよう」

たったこれだけなのですが、この約束を信じて今でも恋人同士として関係が続いているのですから、何か一つだけでも目標のような物を作るとそれに向かって邁進出来るのではないでしょうか。

 

たまにしか会えない不倫でも立派な恋愛のまとめ

お互いが思いあう気持ちさえあれば、例え会う回数が少なくても心は同じ方向を向いているはず。

途中でどちらかの思いが強くなりすぎたり、無理難題を言わなければ基本的には続いていくのですから、まずはお付き合いをしている彼や彼女を信じてみて下さい。

時には不安な気持ちが暴走する事もあるかもしれませんが、それでも気持ちを抑える事が出来れば、きっと生涯側に居続ける事は出来るはず。

今直ぐという答えを求めてしまうのではなく、もう少し長い目でお互いの恋を温めていく気持ちを持ちながら巡り合ったご縁を深めていってくださいね。

関連記事

お電話はこちら