自律神経や不眠症をヨガの呼吸法で改善!電話占いでご相談

子どもの悩みや障害の相談も電話占いで解決

自律神経失調症や鬱病にはヨガの呼吸法!電話占いで伝授

自律神経失調症不眠症ヨガの呼吸法で改善できるのですが、その方法を電話占いでご相談いただけます。

無理なポーズをとるのではなく、ヨガ本来の調心、調息の方法です。

長年の経験を生かしたプロ占い師さんが鑑定と合わせてヨガの呼吸法をお伝えしています。

 

更年期障害や心身のアンバランス、鬱病にもヨガ

何かとイライラしたり、ストレスが溜まったり、落ち着かなかったりする事は日常的にありますが、これが積もると心が辛くなってしまい、気づけばメンタル的な病を抱えてしまう事になりかねません。

これを少しずつ改善していくのが呼吸法なのですが、これについては多くの科学的に立証された効能があります。

特に、不眠症や、自律神経失調症、更年期障害が原因とされる、心身のアンバランス、鬱病など、心のモヤモヤした不快さには効能があると言われています。

体の中で、1番酸素を必要としているところは脳です。酸素全体の約60パーセントを使うと言われています。

ヨガの呼吸法は、通常の約2倍の酸素を効率よく体内に取り入れる事が出来ますので、脳をリラックスさせ、イライラや、モヤモヤを解消する効果が期待出来ます。

 

精神的な辛さは呼吸法で副交感神経の働きを高めよう

特に・・・

精神的な病に侵されている方は、非常に呼吸が浅く、1分間の呼吸数も多くなりがちです。

それを改善するため、簡単なポーズで体をほぐし、座ったり、寝たりしながら禅を組む事で、脳のアルファー波の波長が高まり、イライラした神経を和らげる事ができ、熟睡することが出来るようになります。

夜は、ぐっすり寝る。

この事が、何より大切。

その為には、自律神経の副交感神経の働きを高める必要があります。

ご存じの通り昼は、交感神経の働きが強く、逆に夜は、就寝前から副交感神経の働きが良くならなければ、深い睡眠を得る事が出来ません。

呼吸法や、瞑想法はそれを可能にしてくれます。

また、夜だけではなく、昼間のひと時に実行しても、夜の睡眠不足からくる、けだるさが解消出来ます。

1日の時間は、24時間ですが、体内時計は25時間に設定されています。

その1時間の誤差を深い睡眠により修正し、朝の目覚めと同時に体内のタイマーがリセットされます。

これがなされないまま毎日を過ごしいると、昼間も頭がボッーとし、体はだるくシャキッとしません。

そうしたリセット効果を生み出すのが呼吸法であり、瞑想法です。

電話占いで精神的な辛い悩みをヨガで改善できる占い師さん 伶孟先生 恵梢先生

関連記事

お電話はこちら