占い師が教える開運方法

電話占い師、かりん先生による悩みの感覚コラム

電話占い師、かりん先生による悩みの感覚コラム

こんにちは、かりんです。

占いの方法、占いの内容は数々ありますが、どのような事であれ

  • 今このモヤモヤの気持ちをどうにかしてほしい
  • 穏やかになりたい

そのような想いが募った時、占い師さんに相談するのではないでしょうか?

という事で今回は感覚や気持ちについてをご紹介したいと思います。

 

悩みという感覚や気持ちって?

人の気持ちは千差万別

しかし、嫌だなと思った時・・・

いまのこのイヤ~な感覚はどこからきたのかと考えた事はありますか?

例えば

  • 随分前に同じようなことがあったとか
  • いつも私は同じようなことで悩んでいる

ということがありませんか?

ということは、今ここで発生していることは

「もっと深い所に元の原因があるのではないか?」

そういう考えが必要だったりします。

ですが、そんなことを考える気持ちの余裕がなくて、ますます嫌な気持ちだけが大きくなってしまう事が多いのではないでしょうか?

それは、深い所の自分(潜在意識)が物事を考えるのではなく、頭の中の自分(顕在意識)が考えているから。

そんな時にやるべきことは

  1. 今の自分の状態を今すぐ落ち着かせてあげる
  2. 落ち着いたら自分を振り返ってみる

そのようなことを続けていくと、自分の事がもっとわかりますよ!

えっ、!自分のことが解らない???

 

悩みを抱えると自分の事が分からなくなる

そうなんです。

自分の事案外知らないんですよ

例を挙げれば

身近にありがちな事なんですが

事故をおこしたときの、被害者加害者

どちらになったときでも、自分はこのような感情を持ち、このような行動をする!

なんてこと言いきれますか?

未経験の出来事に遭遇した時に、初めて自分が見えてくることがあるのですね

なので、ある出来事が起きたとき

その場ではうまく対処できなかったけれど、後から冷静になってみれば

こうすればよかったとか思うんです。

あるいは、

「あの時どうすればよかったのか?」

なども思い浮かぶんですね。

そうやって自己との対話を続けていくと、幸せになる方法も分かってくる

ってこともあるのですから、自分を見失ってしまった時には参考にしてくださいね!

電話占いかりん先生

関連コラム

お電話はこちら